エロ電話をやる男性の多くは、ただエロ電話をやるだけでなくてセフレになって実際にリアルセックスをやりたいと思う人が多いです。
しかし女性からしてみると、そういった男性があまりにも多くてうんざりしている人もいます。

たった一度のエロ電話で、すぐに会いたいという人が多数います。
そんな男性は、女性から見たら「またか。」という感じでお断りになります。
また、最初からリアルアポイントを目当てに近づいてくる男性は「風俗に行けよ!」と思っている女性もいます。

そんな女性の本音を知ると、どうやってリアルアポイントに持っていけばいいのか分かります。
リアルアポイント目的を隠して女性に近づけばいいのです。

女性は、その他一般の人と違う行動をする男性に引かれる傾向があります。
例えば、他の男性よりもお金を多く落としてくれる太客だったり、エロ電話で女性を気遣う男性だったりです。
そういった男性は、特徴と名前を覚えやすいのです。そして、会ってもいいかな?と女性から思ってくれます。

つまり、リアルアポイントに持っていくならば女性に優しくして、お金にそこまで困ってない雰囲気を出します。
ライブチャットでエロ電話をするならば、たっぷりと時間をかけて女性にたくさんお金を落としたり、女性のくだらないノンアダルトな話に耳を傾けてあげたりです。

そういった関係が1か月も続けば、あなたに気を許す女性も現れます。そしたらリアルアポイントに持っていきましょう。
「会ってやらない?」とか「ご飯に行かない?」と彼女をデートに誘う感じです。

最初はただエロ電話を楽しむだけという名目で近づき、仲良くなったら会いたくなっちゃった…という設定にします。
君は特別だから、会いたいんだよという姿勢でいきましょう。

女性は特別という言葉が大好きです。だから、優しくして本当に気持ちいいエロ電話ができると女性を落としていきましょう。