エロ電話だからと言って、脈絡のないところからいきなり興奮させることは不可能です。
ですから、じわじわと相手の気分を高めることに徹しなければなりません。
どれだけ敏感な体の持ち主だとしても、セックスの流れのように順を追ってプレイへと移行することこそ、気持ち良さを高めてくれます。

自分自身でセックスを行う場合には、どのような流れでやり取りを行うかを確認することで、エロ電話が今まで以上に気持ち良くなります。まずは前戯からアプローチを始めると、相手の反応が見えてきます。

どのように攻めると感じやすいかがわかると、そこからはどんどん興奮を誘うような言葉かけを行うべきです。絶え間なく気持ち良いタイミングが訪れるようになると、もう女性は相手の言葉なしでは興奮できないという依存性が出てきます。多くの女性がエロ電話のリピーターというほど、気持ち良い体験が待っているという期待が寄せられるのです。一般的なセックスに重ね合わせつつ、愛撫をしてあげるような感覚で言葉を投げかけてあげると、そこから新たな展開のイメージが浮かびます。相手の反応に合わせた柔軟さも必要です。

どれだけ前戯を行うかによって、その後の本番が盛り上がるかが決まります。最終的にはアソコを挿入するように、相手と自分を重ね合わせながら言葉や音の刺激を加えてこそ、エロ電話の魅力が可変します。

エロ電話を楽しむのであれば、女性を気持ち良くさせるための会話内容が必要になります。それは、単に卑猥な言葉を投げかけるのではなく、相手にとって欲しい刺激をどれだけ与えられるかが、満足度向上へと繋がるのです。

自分が気持ち良くなるためにも必要な想像力。そのきっかけを言葉から手に入れることによって、エロ電話をさらに魅力に思える体験を重ねると、離れている距離が一気に縮まるような時間が、日常生活の中に舞い込んでくるのです。