エロ電話を利用している20代前半のまだ若い、専門学生や女子大生などをターゲットとして、トークプレイを行いたのであれば、

お互いの回線が繋がって、会話を順調にスタートさせて行くのには、最初に敬語などを取り入れたりして話し掛けたりする事が良いのだとされています。

この時に必要となる敬語とは、エロ電話プレイへと入る前などの始めの挨拶となる、
男性自らの自己紹介の場合のみにより、上手く活用する事が重要なのだとも言われております。

それ以降の敬語などは、若い女性では楽しい気分になりたいなどや、ノリなどを1番大切にしたりして、エロ電話プレイを体験したい、
という理由などがある事から、丁寧語などを中心にエッチな会話を続けていると、女の子自身に引かれてまい、会話も続かなくなってしまう為、
返って逆効果だとも言われているそうです。

若い女の子達などとテレフォンエッチプレイを確実に体感したりして、充分に味わいたいのならば、普段の生活などで仲が良い友人などと、
会話をしている雰囲気などにより、フレンドリーに話し掛けたりする事で、女の子本人も精神的にも落ち着く為、有効的な会話方法だとも言われております。

エロ電話で、20代前半の大学生の女の子などを、狙い目として、トークプレイを、思う存分に楽しみながら、味わいたいのであれば、まだ若い青春真っ只中の私生活を送っている、イキイキとした女の子などが、非常に多い傾向などにある為、趣味などや、サークル活動などにも大変意欲的でもあり、最も多感な時でもあるので、テレフォンエッチを行う時では、

女の子自らの、好みのタイプのタレントや、興味を示している、テレビドラマなどやテレビ番組などに、好きなミュージシャンなどへと、焦点を当てたりして、話題として会話を盛り上げて行く事なども、エロ電話プレイへと、上手く持ち込む為の、最適な近道でもあり、とても効果が高い、有効手段になるとも言われているんだそうです。