エロ電話サイトで会った女性と関係性を続けたいというのであれば、具体的に約束を残しておくくらいの余裕がなければなりません。
また連絡するという約束は、実は口約束で終わってしまうことがあります。

次の約束をするための段取りとしては、直にコンタクトが取れる連絡先を聞いておくのも良いですが、再びエロ電話サイトでやり取りを進めていくのも有効です。

伝言ダイヤルなどの機能を利用すると、メールのようにメッセージを残すことも簡単です。
プライベートなアドレスが聞けるのも、無駄なお金を使わずにやり取りができるためありがたいでしょうが、会うための投資と思って、出会ったころの環境を使い続ける信念も大切になります。

お金に余裕がなければエロ電話サイトサイトを使い続けることが難しいと思っているかもしれませんが、現在は後払い制度もあり、クレジット決済も有効です。

手持ちの金額が不足している場合でも、アプローチがかけられる環境は残っているのです。
そもそも、エロ電話サイトのコンテンツ利用に費やす資金がないのであれば、セフレの関係を継続するような経済力はありません。

ホテル代といっても、それなりにお金がかかります。

相手との金銭の授受がなかったとしても、デート1回にもそれなりの金額が発生します。
それを惜しみなく費やすことができるような余裕があってこそ、男性としての魅力が高まるのです。

必ずしも人はお金ではありませんが、少なからずステイタスとして、お金に余裕があって、気持ちにも余裕があるというようなニュアンスが伝えられるスタイルが必要です。
その姿勢を貫くだけでも、会った女性をリピートする可能性が高まります。

相手にとって安心できる存在というのが、リピートのコツ。
それは、経済的に安心できたり、一緒に居て安心できたりと、それぞれにイメージが異なります。

ただ、相手の希望にどれだけ応えることができるかが、男の魅力を決めるのは間違いありません。