エロ電話で大切なのは、お互いの距離感です。それが合わなくなってしまうと、どうしても慣れ合いの時間を楽しむことができなくなってしまいます。
せっかく男女がお互いの妄想を膨らまして楽しむ時間なのに、それがちぐはぐになってしまうと、気分がどんどん下がってしまいます。

エロ電話をするうえで、女性を安心させるための方法としては、相手のペースを少しだけ揺さぶるというスタンスが必要です。あまりにも自分本位なやり取りを行ってしまうと、相手が自分の会話に付いてきてくれません。でも、相手とのやり取りを行いつつ、ほんの少しだけいつもと違うペースを与えることで、イレギュラーな言葉がイメージを膨らませるのです。

こうしたペースのチェンジは、エロ電話に慣れている方ほど自然に行えます。逆に、やり取りになれていなければ、どうしてもタイミングがずれてしまい、せっかく気持ち良くなっており、気分も良い感じになっていたところで、急に冷静になってしまうのです。

エロ電話はお互いの気持ち良さを求める環境が必要です。その掟を破ってしまっては、一人よがりの欲求解消にしかなりません。一体感があって、気持ち良さを共有しながらいつもとは違う時間を過ごすエロ電話。そんな流れがわからなければ、ほかの手段で性的欲求を満たした方が良いという判断に至ります。

女性が抱く不安としては、展開があまりにも急すぎて、自分の気持ちが寄り添えないというマイナスのイメージが誰しも思い描かれます。それを払しょくして、男性側に自分の身を委ねようという気持ちにさせるには、話術を磨かなければなりません。とはいっても、誰しも経験しながら会話のコツをつかむものなので、色々なやり取りを重ねつつ、自分が自然体でいられるような環境を選定するべきです。その心遣いだけでも、お互いが興奮するタイミングが合致するようになります。そうすることで、エロ電話が楽しくなるのです。