エロ電話を盛り上げるために、簡単にできるコツがあります。もうすぐにでも取り入れて利用できるコツなので。早速使って見てください。

そのコツとは、オウム返しをする事です。こんなに簡単な事なんですが、これは聞き上手なキャバ嬢が使っているテクニックです。聞き上手は会話上手と言われるように、エロ電話も上手く盛り上げる事ができます。では、実際にどうやってオウム返しを取り入れたらいいか例を見ていきます?

例えば、エロ電話の相手が「はぁん。気持ちいい…。」と発言してきたとします。そしたら「どこが気持ちいいの?」とか「なにが気持ちいいの?」と返すと、なにか物足りない感じがします。そこでオウム返しを利用します。「気持ちいいの?どこが気持ちいいの?」とか「気持ちいいの?なにが気持ちいいの?」と言うと、会話としてキャッチボールが上手くできている感じがしてきます。

エロ電話掲示板などで見つけた相手の場合も同等ですし、人妻エロ電話でも同じことが言えます。

もっとオウム返しをしていくと、エロ電話はさらに興奮するものになっていきます。「おマンコがビチャビチャなの…。」と女性が言ってきたら、そのまま「音を聞かせて?」と返した場合だと盛り上がりに欠けます。
そこで「おマンコがビチャビチャなの?音を聞かせて。」とオウム返しをすると、自分もおマンコと恥ずかしい言葉を発して興奮しますし、相手も恥ずかしい言葉を聞かされて興奮します。

こうやってオウム返しをすると、考える時間ができるのも良い点です。ただ言葉を返すと簡単な会話になってしまいますが、オウム返しをしている時間は、なにをしゃべろうかとシンキングタイムができます。
エロ電話でシンキングタイムができると、エッチな言葉がさらにでてきます。例えば「おマンコがビチャビチャなの?」と言われたら、「おマンコかビチャビチャなんだ。音を聞かせて。」よりも「おマンコがビチャビチャなんだ。エッチな子だね。そのイヤらしい音を聞かせて。」と会話が長くなり、1センテンスを入れる事ができます。すると、エロ電話はよりイヤらしいものになります。
興奮してしまった女性からエロ電話で会いたいと言われることもあるかも知れません♪